2014年02月13日

2014 Volunteer Recruitment

https://forums.eveonline.com/default.aspx?g=posts&t=316857

ボランティアチームISD YARRの募集が出てましたそういや。EVELOPEDIAのメンテ担当で、もちろん英語必須。書く、編纂する、デザインする等々。
EVELOPEDIA、日本語ページが増えるといいなー(チラッ
posted by Fujyama Samrai at 10:07| EVELOPEDIA

2013年07月24日

EVElopediaの表示切り替え

シンプルなデザインにも切り替えできるハズなんですけど、どーにも個人のPreferenceに飛んでくれません。
EVElopediaのシングルサインオン効かせるアップデートが入ったはずなのに、相変わらずキャラクターの切り替えもできないまま。
そして「EVElopediaをアップデートするよ!」(27.06.2013)は残ってるんですが、「アップデートしたよ!」(03.07.2013)の記事が消されておる。

あれれ〜おかしいぞ〜(バーロー風に)

とりあえず個人設定/Preferencesへ飛ぶのは、以下のスレに書かれてたようにOpera使うとOKでした。去年からいろいろダメダメのままだったのね…
「Wiki Preferences Page Broken? (Dev Love Pls)」@Issues, Workarounds & Localization板
https://forums.eveonline.com/default.aspx?g=posts&t=174507
切り替えるとこんな感じ。Operaで表示の設定を変えれば、他のブラウザでも(ログインしてれば)表示/Appearanceの外装/Skinが変わります。つっても、表示切り替えることは考慮に無い作りっぽいですけどね。

20130724_eve.jpg(modern skin)


#まだうまいこといかなくて巻き戻してる模様。次が、3度目の正直になるといいんですけど。
posted by Fujyama Samrai at 10:42| EVELOPEDIA

2013年07月23日

CCP's Official Social Media Pages

http://wiki.eveonline.com/en/wiki/Socialmedia

CCPのソーシャルメディア関連のアカウント・リンク集。


World of Darkness(MMO版)のハッシュタグ#wodmmo があることに気づき、驚愕しました…
posted by Fujyama Samrai at 08:47| EVELOPEDIA

2013年07月19日

Echelon Entertainment(Products and Activities)

http://wiki.eveonline.com/en/wiki/Echelon_Entertainment
切り売りされてたエシェロンエンターテインメントの説明の一部ね。最終更新は2012年12月のCCP Abraxasががっつり追加した分なので、ここしばらくのニュースの半年前ぐらいのイメージね。

◆製品と事業分野

現代のカルダリの娯楽といえばスポーツ競技のトトカルチョだが、エシェロンエンターテインメント(以下エシェロンと略す)は「カルダリ文化」を軸とし、古代ラータ時代から現在までのカルダリを題材にして様々な映像、音楽を制作、提供している。もちろんエシェロンもカジノやスポーツのトーナメントを展開しているが、それらは自国の富裕層向けとして消費される類のものだ。エシェロンニュースはカーラキオータ向けのメディアで、トークショー「This Is The State」でも知られている。

▼ギャンブルとスポーツ競技
 エシェロン系カジノは、ノゴエイハヴィ系カジノの対抗としてカーラキオータ、ライダイ、ウィルコミ影響下のエリアで運営されている。内装、外装ともラータ王朝時代を彷彿とさせる、高級感あふれる古風なデザインを踏襲している。ギャンブル自体も(シェアの強い)ノゴエイハヴィ系との差別化のため、MindClashやSplinterzといった最近のギャンブルではなく、今風にデザインされた古ラータ時代のものを用意している。

▼観光地とホテル
 親会社カーラキオータの敷地に限らず、カルダリ中に伝統的な古ラータ様式の茶館を展開していることで有名だ。古ラータ時代の建築物を完全再現しており、お茶も合成ではなくニューカルダリプライムや宇宙農場で栽培した天然ものを使っている。カルダリ茶館の品質、評判を守るためガレンテにすら出店し、本国と寸分違わぬ作法と品質でサービスを提供している。国内の茶館は中流〜上流層が利用しており、エシェロンの発展とともに世に広まった経緯がある。
 観光地開発としては、伝統文化の啓蒙も目的としたリゾート地を数多く運営している。静寂に満ちた伝統的なカルダリ風砂庭は、出世の階段を上り続ける企業戦士向けにデザインされている。ただ、カーラキオータはエシェロン系リゾート地の雰囲気を守るためか、他国の旅行者に対して2〜3倍の料金を請求しているという。

▼報道と情報ネットワーク
エシェロンニュースは、ラータプロダクションがエシェロンへ生まれ変わってしばらくしてスタートしたニュースチャンネルだ。ノゴエイハヴィの「カルダリトゥディ」は国内で確固たるシェア、絶大な人気を誇っており、それを打ち破る隙は無い。エシェロンニュースはカーラキオータ、ライダイ、ウィルコミ社員向けの必要な各種情報のみ(外国のニュースすら流さない!)提供することで差別化を図っている。
実のところエシェロンニュースはガレンテ連邦で人気がある。カルダリの国民性が透けて見えるのがその理由のようだ。そしてカーラキオータが連邦向けにチャンネルを開いた結果、カルダリトゥデイへのアンチ人気もあり、視聴者数も同程度確保している。

チャンネルの看板番組でも戦いは続いており、ノゴエイハヴィの「Games of State」に対してエシェロンは「This is the State」を放送している。現在の司会者はエシェロンニュースの元ニュースキャスターIesa Murikomoで、政治家へのキツいインタビューの企画、パネルディスカッション、政治ニュースなどエシェロンニュース報道局から伝えている。
一般的に政治家や知識層の視聴者が多いGame of Stateと比べて格下扱いとされているが、This is the Stateの市場シェアは同程度確保している。これはYC110年以降、Hethの代表就任によってカルダリの政治的主流がカーラキオータや他の保守系企業に移ったことに起因すると考えられている。
また、プロヴィストの権力が増すのにあわせてエシェロンニュースとThis is the Stateが大きく様変わりした結果、海外ニュースは相変わらず扱わないものの、現在ではエシェロンニュースとカルダリトゥデイ、またThis is the StateとGames of Stateの違いは愛国プロバガンダの程度でしか無くなっている。結果としてGames of Stateは政治的抵抗勢力として国内唯一の番組となってしまった。

▼ホロリール
エシェロンは国内でも有数のホロリール製作、配給会社だ。エシェロン製作の作品は国外ならカーラキオータ系業者やFedMartで購入できる。タイトルの大半はカルダリ国民向けで、そうしたやり方に批判もあるが、作品自体の品質は高い。実のところ国内志向の強い作品は解釈や評論に関して遊びが生まれるため、ガレンテ人にも好評なのだ。
ラータ時代の舞台劇に関しては生レコを行っているが、そのユーザは富裕層、知識層がほとんどである。カルダリ国民の大半はネットや映像を通してスポーツ競技系ギャンブルに熱中しているのだ。演劇作品はガレンテ連邦で上演されており、芸術好きな層に人気がある。

▼音楽
エシェロンではガレンテ風に偏りがちな流行りの楽曲は扱わない方針だ。ラータ様式の民謡やガレンテ時代の伝統的なものを中心とした民族音楽や古典音楽を、楽器による演奏も含めて制作している。自社雇用のアーティストはエシェロンアカデミーで訓練しており、演奏会は富裕層向けには生で、また一般の人々には放映で提供されている。国内の古典音楽業界については、エシェロンがほぼ独占状態である。
posted by Fujyama Samrai at 17:58| EVELOPEDIA

2013年06月27日

Odyssey 1.0へアップデート(EVELOPEDIA)

https://forums.eveonline.com/default.aspx?g=posts&m=3265200#post3265200
Posted: 2013.06.26 17:38 | CCP Bracari

EVElopediaのOdysseyに合わせたデータ更新と、個人設定周りのエラーを直したっつーDevのレス。個人設定のデフォルトキャラの変更がうまく動かないのはご愛敬でしょうか。

EVElopediaはログインして個人設定を変えるとナビゲーション、各ページ共通の部分なんかは日本語化します。本文は英語のままですけどね。
posted by Fujyama Samrai at 08:23| EVELOPEDIA